コミュニティナースのこと

コミュニティナースとは?

『いつも地域の中にいて〝健康的なまちづくり〟をする医療人材』です。

病院や福祉施設、訪問看護に従事する看護師と異なり、地域の中で住民とパートナーシップを形成しながら、その専門性や知識を活かして活動する医療人材のことです。地域で中長期的に住民と関わることで、健康的なまちづくりに貢献することを目指します。

「どのような看護活動が求められているのか?」住民や他分野の人材と一緒に考えるのがコミュニティーナースの特徴です。
(以上、コミュニティナースカンパニーwebサイトより抜粋)

かんたんに言うとまちの看護師さん。「これでは健康に悪いので、こうしましょう!」という指導ありきではなく、その人が健康や幸せに暮らしていくために必要な看護・サポートをその街に住む人々といっしょに考えていく存在です。そのためには、まちや住む人が大切にしている文化・歴史・価値観といったさまざまなことを知ることが大切です。だから、コミュニティナースはいつだってまちへ出ること・人と関わることに興味津々です。

医療機関や行政にいる看護職とは少しちがった視点も持つため、対象は病の有無に関わらず、いつも住民のそばにいます。
病院、クリニックの看護師、訪問看護師、保健師がカバーしきれていない領域で活動し必要に応じて専門家との架け橋になります。

コミュニティナースの仕事は、地域に必要な機能をつくったり、ヒト(人)やコト(物事)をつなぎまちを元気にしたり、医療や看護の担い手を増やしたり、、と地域や活動場所によってさまざまで、コミュニティナース個人の性格や得意な分野によって工夫やアプローチは多岐にわたります。

2018年3月現在、研修を修了したコミュニティナースは、日本全国合わせて60名超です。
第6期の講座ももうすぐはじまります。

 

どんな場所で活動しているの?

コミュニティナースカンパニーwebサイト上の「コミュニティナースのあしあと」に、活動が紹介されています。

☆ 自治体とコミュニティナースカンパニーがタッグを組み、常駐しているコミュニティナース
島根県雲南市
京都府綾部市
奈良県山添村
奈良県川上村
岡山県上山集落
どの自治体も写真がキレイでお洒落なウェブサイト。素敵…!

☆ 自ら起業(!)したり、企業に就職したりして活動しているコミュニティナース
fratto あなたのそばのコミュニティナース(facebookページ)
(株式会社マザープラネット クリエイティブナース事業部)
ばふんペーパープロジェクト ホースドロッピングス

☆ 医療機関等にの看護師や保健師として所属しつつ活動を広めていっているコミュニティナース
ホウカンTOKYOビジネスサービス(2017年11月29日(水)西南部在宅医療研究会「認知症」「コミュニティナース」)

☆ その他、業務外でプライベートを使って活動するパワフルなコミュニティナースもいます。

– – – – –

こうしてみると、活動の仕方がすごく多様!ということがわかります。
考え方や行動次第で新しい道も開ける可能性が高いともいえます。

私は、一般社団法人プラスケアに常勤で努めており、業務内容自体がコミュニティナースの活動に直結する形になっています。
週1回~2回 暮らしの保健室の運営をし、そのほかの日は地域活動やフィールドワーク(市民活動などに参加し情報収集やコミュニケーションを測る、地域の特色を体感しながら知る、住民のニーズを探す、協力して活動できる人材さがし等)、事務作業(報告書やデータベース作成)をしています。