おしらせ 暮らしの保健室 毎月の予定

暮らしの保健室・重要なお知らせ

プラスケアの暮らしの保健室は、しばらくお休みとなります。

プラスケアの暮らしの保健室は、2020年4月1日からしばらくお休みとなります。
それに伴い、暮らしの保健室やプラスケアの関連イベント・勉強会も中止となります。
・中止となるイベント:
 川崎グリーフケアスペース「あのねの部屋」・「たね」、お灸セルフケア教室、small labo、足育クラブ、化粧外来
・中止となる勉強会:
 社会的処方研究所、OMC勉強会、都市型コミュニティナースダイアログ


「ワクをこえてゆるくつながる」というコンセプトの元、できる限り地域の中での活動を大切にしてきました。
向河原や、溝の口や元住吉…、さまざまなまちなかの場所へ出向いて、ゆるやかに馴染み、つながっていく。
いま、そうして対面でつながりを持ち続けようとすること自体が、保健室を利用してくださる皆さまや関わるスタッフにとって危うい状況になると判断いたしました。

とても心苦しいですが、現在の新型コロナウイルスの感染拡大状況や政府や専門家会議等の見解をみながら、
日々考え、法人代表の西含め、みなで話し合った結果の判断です。
状況は日々変化していますので、お休みの期限等は随時お知らせをしてゆきます。

先週末より、新型コロナウイルスの感染状況に新たな変化がみられます。
川崎市も全区で感染者が報告されています。数としてはまだ少ないですが、都内の影響なども受けやすい距離です。
今後は増えることが予測されます。

みなさんが、ご自身と隣や周りにいる大事な人を守るためにできることはなんでしょう?
わたしたちも、見えない状況の中で一緒に模索してます。

大切になるのは、信頼できる情報とあなたの理性です。

これは、諦めによるお休みではありません。
対面ではない形でも、プラスケアらしい「ゆるくつながる」ことはできるだろうか?
どうしたらできるだろうか?

引き続き、暮らしの保健室チームで話し合い、考え、みなさんにまたお知らせしたいと思います。
その際は、ぜひ一緒におつき合いくださいね。

プラスケアの暮らしの保健室
コミュニティナース いしい

プラスケアホームページ https://www.kosugipluscare.com/