暮らしの保健室について

※ 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年4月からお休みしています。

毎日の生活のちょっとした困りごとや病気についての悩みをざっくばらんに話せたり相談できたりするところ、それが「暮らしの保健室」です。

※「暮らしの保健室」とは
訪問看護師の秋山正子さん(株式会社ケアーズ・白十字訪問看護ステーション代表取締役所長、マギーズ東京共同代表)が、新宿の戸山ハイツの一画ではじめた活動。活動趣旨に賛同する医療介護福祉職が自分たちの地域でも始め、いまでは日本全国50か所以上の活動拠点がある。地域・運営主体により、活動内容はすこしずつ異なる特徴をもっている。

川崎市には一般社団法人プラスケアの暮らしの保健室があります。
いま医療機関を受診している方もそうでない方も、ご本人もそのご家族も、どなたでもどうぞ。予約は必要ありません。
保健室が開いている時間にお越しください。相談にかかるお金も無料です (個別相談は有料になります)。

話したくない時に、無理にお話を聞いたりすることはしません。
「話したいわけではないが、ちょっと居られる場所が欲しい」という方も、もちろんどうぞ。
元住吉の商店街にある珈琲専門店 muiの特製ブレンド(暮らしの保健室ブレンド)を飲むこともでき、コーヒーだけを楽しみに来る方や、ちょっと休憩に立ち寄る方もいます。

保健室のひらいている日や場所

コミュニティスペースをお借りして運営する出張型の保健室です。
毎週開催、月1回開催などいろいろな形があります。
「今日のひとこと」内で毎月の予定をお知らせしますので、
くわしい予定はそちらをご確認ください。

※ 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年4月からお休みしています。

毎週開室
・向河原:毎週水曜日10時〜17時 @ やまと診療所 3 階
川崎市中原区下沼部1760-1 やまと診療所武蔵小杉3階スペース
(JR南武線「向河原駅」より徒歩2分、東急東横線・東急目黒線 「武蔵小杉駅」より徒歩10分、JR横須賀線「武蔵小杉」駅より徒歩5分 )

月1回開室
・武蔵溝ノ口:毎月第2火曜日 10:00~16:00 @ nokutika(ノクチカ)
〒213-0033 川崎市高津区下作延1丁目1−7(東急田園都市線「溝の口」駅・JR南武線「武蔵溝ノ口駅」徒歩5分)

3か月に1回開室
・武蔵新城:3ヶ月に1回 第4土曜日 10時〜14時 @ NAYAエンジョイスペース 「みどりなくらし」ケアラーズカフェと共同企画
川崎市中原区上新城2丁目6−20 (武蔵新城駅北口より徒歩5分)

不定期
・新丸子:不定期 @ 丸子テラス
神奈川県川崎市中原区 丸子通1丁目640-5 大山ビル7階 (東急東横線 新丸子駅より徒歩2分)

暮らしの保健室内の定期プログラム

「今日のひとこと」内で毎月の予定をおしらせします。

※ 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年4月からお休みしています。

(向河原)
川崎グリーフケアプログラムあのねの部屋」:毎月第1水曜日 14:00~
お灸セルフケア教室:毎月第3水曜日 10:00~12:00
スモール・ラボ(小さな勉強会):毎月第3水曜日 14:00~14:45
化粧外来(美容よろず相談):毎月第4水曜日 10:00~12:00

(溝の口)
足育クラブ:毎月第3火曜日 13:00~15:00

(武蔵新城)
川崎グリーフケアプログラム「たね」(事前予約制):1・4・7・10月の第4土曜日 10:00~12:00

そのほか、ワークショップ企画「グランド・ラボ(不定期)」などもあります。
参加のご希望・お問い合わせは、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

一般社団法人 プラスケア
神奈川県川崎市中原区木月1-32-3 内田ビル2階
電話:044-863-8444 (平日9:00~17:00)
メール:info(アットマーク)kosugipluscare.com
↑ メールを送信する際は、(アットマーク)を @ へ変換してください。
Facebook : 暮らしの保健室(プラスケア)