プロフィール

神奈川県川崎市(中原区周辺)で活動しているコミュニティナースのイシイです。

文系の大学に通っていた頃、偶然に訪問看護の現場を知り、そこで日々暮らす方々の生きるエネルギーに衝撃を受けたのが看護師を目指すきっかけに。
看護大学では老年看護に興味を持ち、地域で暮らす高齢者の方向けのサポートプログラムや地域イベントを手伝ったり、まちのことを紹介するフリーペーパーを作ったりするのが好きでした卒業後、大学病院勤務や大学院、在宅診療の現場を経て、2017年4月から一般社団法人プラスケアの専従看護師として勤務しています。

安心して暮らすってどういうことなんだろう?
ちの中で看護師ができることは何だろう?
まちには何があるのだろう?
住む人が自分たちの力をもっと発揮していける方法は?

「専門職がなにかする」だけではないサポートや、本人が自分の力を発揮できるように情報や気持ちの整理をすることで解決できることも多くあると信じています。
健康や医療に関する心配事だけでなく、「こういう風に生きていきたいんだ」という価値観や「こんなことがしたい」という希望も一緒に話したり考えたりしていける、身近な看護師を目指して勉強・研鑽の日々です。

コミュニティナースについては、「コミュニティナースの部屋」で詳しく説明しています。

一般社団法人プラスケアとは

一般社団法人プラスケアは、地元病院の医師、看護師、社会福祉士といった医療福祉職、企業に勤務する者などさまざまなメンバーから成る団体です。

キーワードは「ゆるく、つながる」

困った時に『あの人に相談してみよう』と思えるつながりのある社会、病気になっても安心して暮らせるまちを目指して活動しています。

「暮らしの保健室」の運営の他、看護師が診察室まで同行するナースサポートサービスやよろず相談、まちなかにある人やサポートグループといった資源を掘り起こすためのまち活動、元気なうちから医療や健康を考えるきっかけとなるワークショップやイベントの企画等をしています。