このサイトについて

このサイトは、管理人いしいの神奈川県川崎市でのコミュニティナース活動やアイデアをためていく場です。

安心して暮らすってどういうことなんだろう?
まちの中で看護師ができることは何だろう?
まちには何があるのだろう?
住む人が自分たちの力をもっと発揮していける方法は?

「専門職がなにかする」だけではないサポートや、本人が自分の力を発揮できるように情報や気持ちの整理をすることで解決できることが、街の中には多くある。

健康や医療に関する心配事だけでなく、「こういう風に生きていきたいんだ」という価値観や「こんなことがしたいんだよねー」というふんわりした希望も一緒に話したり考えたりしていける、身近な存在になれたらいいな。

コミュニティナースについては、「コミュニティナースの部屋」で。

 

一般社団法人プラスケアとは

一般社団法人プラスケアは、地元病院の医師、看護師、社会福祉士といった医療福祉職、企業に勤務する者などさまざまなメンバーから成る団体です。
サイトの管理者いしいは、この法人で看護師・コミュニティナースとして働いています。

キーワードは「枠をこえてゆるくつながる」

困った時に『あの人に相談してみよう』と思えるつながりのある社会、病気になっても安心して暮らせるまちを目指して活動しています。

「暮らしの保健室」の運営の他、よろず相談、まちなかにある人やサポートグループといった資源を掘り起こすためのまち活動(社会的処方研究所)、ワークショップやイベントの企画等をしています。